So-net無料ブログ作成
怖いかな?ッて話 ブログトップ

怖いようで怖くない話 [怖いかな?ッて話]

この間から「幽霊」がマイブームで、そんなHPばかり見ているうちに思い出しましたよ。
うちの家族の数少ない霊体験を…。

※大して(全然)怖くありませんが、苦手な人はここで退散してもいいよ~。

うちの長男がまだ4歳くらいだった頃の話。

外国では男の子が生まれると、熊のぬいぐるみを贈るとかいうことを聞いたことがあります。
なんでも厄災をかわりに引き受けてもらうとか…。

そんなことは全然知らなかったのですが、1歳のときに出会った熊のぬいぐるみが大好きで、どこに行くにも手放したことがありませんでした。
名前は「みんみん」。寝るときも、旅行も一緒です(荷物増えるって言うのに!!)。

ある夏、松本にある温水プールへ泊りがけで出かけました。
別に日帰りも出来る距離ですが、当時は教職員に「元気回復券」というのがあって、県内の旅館やらに割引で泊まれたからです。
登録されている旅館なので、大して選べませんでしたが、まあ、安曇野ならということで、適当に予約しました。

旅館は外目は洒落た喫茶店のように見えました。
中に入って吹き抜けがあり、明るい感じがしました。
正面の階段を上って、客間のようだったのでそっちに行こうとしたら、荷物を持った案内の人が右に行きました。

…右は…あんまり行きたくないなぁ…。

そんな雰囲気の暗いスペースでした。
案内された部屋は、お風呂場に近いので喜んでいたら、露天風呂は工事中とのこと。
がっかりです。

ふと、気づくとみんみんがありません。
「みんみんどうしたの?!」
と息子に聞いても分からないようです。
「みんみんがいないとやだ~」
という息子。
仕方ないのであっちこっち電話をかけ、やっと昼間行った温水プールにあったことを突き止めました。
「明日取りに行こうね」と約束しました。

ばたばたと荷物整理をしているうちに、息子の姿が見えません。
大人3人で旅館中を探しました。
私は、部屋の横のお風呂の脱衣場をあけ、名前を呼んだのですが返事がなかったのでそのまま出ようとしました。

でも、なんとなくお風呂場が気になり、開けてみたのです。
すると息子が広い風呂場の真ん中に後ろを向いて立っていました。
いきなり声をかけてはいけない!!
なぜかそう思った私はお風呂場に入って、すぐ近くに行ってから名前を呼びました。
ゆっくりとお風呂場から移動しながら、
「何でこんなところにいるの?」
と聞いたら、息子はしばらくだんまり。
??と思っていると、小さな声で

「女の人が…」

と言いました。

その時はこわいというよりも頭にきましたね。うちの子になにすんじゃ~!!みたいな。

今考えると、みんみんがいてくれたら、誘われなかったような気がします。

まあ、その後は普通にお風呂へ入り、その後部屋で食事もしました。
部屋といっても自分たちの寝る部屋は布団をひくというので、隣の部屋に用意されました。

そしてその夜のこと…。
布団は窓側から廊下側に向かって、横に並べて敷かれました。
窓から主人、私、長男、母、でした。
夜中にふと目覚めると、足音が廊下で聞こえます。

ぱたぱたぱた

軽いスリッパのような、早足の足音です。
ああ、誰かお風呂に行くんだな。
そうしてまたしばらくすると、

ぱたぱた

…何回か足音を聞いた後、よく考えたら足音はいっつも一方通行なのに気がつきました。
私たちの部屋の前を通って、お風呂のほうへ向かうんです。

おかしいな??

と思ってぱたぱた聞こえた後耳を凝らしていると、戻ってくる音は聞こえません。

????

別に怖くはありませんでした。

朝を迎えると、母が
「忙しい旅館だったよね、夜中に中井さんがぱたぱた走り回ってたよ~。足音が聞こえた」
と言いました。
母も聞いてる…。
「じゃあ、足音はどっちからどっちへ行っていた?」
と聞くと、やはり部屋の前をお風呂場に向かって…。
「帰ってきた音は聞いてない?」
と聞くと、聞いてないという。
すると足音を聞いてない主人が、
「足音は知らないけど、隣の部屋うるさかったよね。マージャンでもしてるのかな?明るい声でざわざわ言ってたよ」

????

私も母も顔を見合わせました。
だって、隣は誰もいないはず。
「私たち夕食食べた部屋でしょ?誰もいないよ?」

私たちのような、全く霊感のない家族が、家族中で何かを感じるなんて不思議です。
邪悪な感じはなかったけど、風呂場は少し怖かった…。

なんなんでしょうね?
やっぱり守りくまを忘れたから?

みんみんはその後無事に手元に戻ってきました。


2006-07-03 15:50  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

怖いかな?ッて話 ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。